自分の「欲」って?

オードリー 

先日、モデルのお仕事をした時に

「洋服をきれいに見せるポーズを勉強したいな」

「一緒に働く方たちと、もっと世間話が出来る英語力が欲しい…」

そんな事を感じました。

そこで、Youtubeで「モデル・ポージング」と検索していると、

小学生モデルの可愛い女の子たちの特集を組んでいる番組を発見。

まだ10歳ほどの女の子が、雑誌の専属モデルになる為にウォーキングのレッスンに通ったり、月々の洋服代に5万~10万もかけていたり、太らない様に野菜中心のダイエットを続けていました。

専属モデルではない場合、衣装・交通費から全て自費になるので相当なお金がかかるそうです。

(善し悪しは置いといて…)

えらいこっちゃー。

これはマネージャーである親も大変だぁ

親の勧めでモデルをしている子もいるかもしれないけれど…

子供たちは

「モデルになる事が夢」

と、ハッキリ宣言してる。

そして、楽しそうに堂々とポーズをとっていました。

(ああ、私、こういう気持ちを忘れてたな~)

歳を重ねると、冒険をしなくなります。

変化する事が億劫に感じるし、

「何事も平穏が一番」

になっていく。

でも、本来人間には「欲」が必ずあります。

欲がない人っているのかな。

欲って、あってもいいと思う。それが、成長にも繋がるから。

でも、この歳でガツガツ「欲深い」姿を見せる事は、タブーだと思っていました。

けれど、子供たちの姿を見て

一番になりたい

専属モデルになりたい

可愛く見られたい

好きな事でお金を稼ぎたい

「もっと、もっと、こうなりたい!」

それって、すごく自然な事なんだなぁ…

でも、大人になるとそれを出すと「みっともない」と思われる。

煙たがられる。

特に、日本の場合はそうかもしれない。

だから、出来るだけ目立たない様に

和を乱さない様に

面倒な事は回避していきたい…

そんな考え方になってしまうのかな。

そうなると、

「人からどう思われるか?」

が、第一優先になってしまう。

そんな事してると、すごくストレスが溜まってしまう。

自分の気持ちをもっと大切にしてあげなくちゃ。

本当は、どうなりたいの?

どうしたいの?

自分の「欲」ってなんなの?

そこを、しっかり見つめてあげる事。

その部分が分からないから、周りに流されてしまう。

もっとシンプルに、

「自分の欲」

に応えてあげよう。

そう思えました。

オードリー2

▲晩年のオードリーの笑顔。彼女の生きざまが表れています。

本当の「欲」って、自分が満たされる事。

自分が満たされるって、自己完結じゃない(と私は思ってる)

人に元気や勇気を与えたり、役に立つこと。

私たちを取り巻く環境(動物・植物等)も含めて。

そういう事なのだと思う。

先ほどの、一番になりたい、専属モデルになりたい、可愛く見られたい、好きな事でお金を稼ぎたい…

これは、まだまだ自己完結の状態。

達成したとしても、幸せに感じられるのは一時だけ。

維持し続ける事が、どれだけ大変か。

その先に、自分がどう「貢献」できるのか。

貢献なんていうと、堅苦しく聞こえるけど、

身近な人を、ハッピーな気持ち、笑顔にする事(^ ^)

まずは、そこから。

そんな視点から生活をすると、今まで見ていた世界がガラッと変わる事に気づく。

そんな事を考えた昼下がりでした…

今日も読んで下さり、ありがとうございました。