simple pleasure


image

毎日、空を見上げる事が日課になっています。

真っ青な雲一つない空も大好きですが、今日は特に雲の形が美しくて、太陽の光に反射してキラキラ輝いて見えました。

何層にも重なった雲が浮かんで、広い空に奥行きが生まれます。

思わず写真にパチリ。(逆光気味ですが…)

雲の上に隠れた太陽の形もぼんやり見られます。

自然が作り出す壮大なアートを眺めているだけで、いろ~んな雑念が消えていきます。

純粋で、美しいものに触れると、自然に心が清らかになるとはそういう事なのかもしれません。

天気のいい日は、出来るだけ外に出て、湖の周りを1周(40分ほど)する様にしています。

私は、一つの事しかできない性格なので、何か一つでも心に引っかかる事があると、

そればかり考えてしまう事があります。

ずっとそこで止まってしまうのです。

そうすると、視野がどんどん狭くなってしまう。

そして、他の事が何も入らなくなってしまう。

そんな性格だと分かっているから、ちょっとでも外の空気を吸って

・「今」に集中する事

・流れに身を任せる事

・良い事も、悪い事も、自分に降りかかる事は、全て自分にとって必要な事

・白か黒に決めなくても大丈夫。曖昧でもいい。

歩きながら、ニュートラルな自分、どちらかに偏りすぎない自分に戻しています。

ちょうど昨日、インドに里帰りしている友達のSujiから、素敵なメッセージが届きました。

I love simple pleasures

dew on grass

a cool breeze kissing my face

a smiling flower

a good night sleep

an interesting conversation

early morning sun

a cute insect ……

These give me so much of happiness though it cost nothing or it is nothing big but I value them soooo much!

Hence I call them my

” simple pleasure”.

If you start seeing life in things, everything becomes interesting. So many things can bring a smile in your heart and face.

Happiness or sadness is always our choice

 So let us choose wisely ne!

私は、彼女の機知と優しさに富んだ表現や、言葉の選び方がとても好きです。

読んでいるだけで、笑顔になります。

’’simple pleasure’’は、頭の中がいっぱいいっぱいの時は感じる事が出来ません。

だから、一度空っぽにしてみる事が大切だと思っています。

歩くペースを気にせずに、時々しゃがんで地面を見ていると

小さな虫たちがしっかり動いている姿が見られます。

風になびく葉っぱ

光に照らされた水面

リスが葉っぱの上を歩く音

image

自分が動いていると気付かないけれど、

立ち止まると、多くの物が「動いている」事が分かります。

自分も、全体の中の一部なんだな~

ってことに気づきます。

そう感じると、「謙虚さ」が出てきます。

素晴らしい事は、

抜きんでた才能を持つことでもない。

「全体の一部として、調和をとる事」

それに気が付くと、まず人と比べる事がなくなります。

世の中に素晴らしい人がたくさんいて、そんな人たちを見ていると焦ってしまう時もあります。

私は何の役にも立てていないのでは?

もっと何かできるのでは?と。

でも、ニュートラルに戻ると

自分には自分に合った役割や性格があって、誰かになる必要は無いし、

人や自然の中で、どうしたら、お互いを生かし合いながら、調和を図る事ができるかを考えられるようになります。

結果に執着する事もなくなります。

相手に寄り添う事で、自分も相手も喜びを与え合える。

そうなると、人とのコミュニケーションがとても楽になります。

自然は時に厳しくもあるけれど、本当に生き物の本質や喜びを教えてくれます。

ミネソタもフィンランドも、自然と人が上手く調和しながら生活をしているなあと感じます。

両地域とも、冬の寒さはハンパないけど!!

そして最近は、昔から日本が大切にしていた「謙虚さ」や「調和」を重んじる文化が、とても素晴らしいと感じられるようになりました。

それを誇りに思うのでもなく、それが「当たり前」としている文化は、他の国にはないと言われています。

全体の中の一部であることを、遺伝子レベルで分かっているんだと思います。

日本人に生まれて良かった^^

image

▲この後、息子はこの蝶々を走って追いかけていました…

今日も読んで下さり、ありがとうございました。