あえて、サボる

image

今日はお天気が良くて気持ちがいいので、英語の授業(CDA)をサボりました。

私は、時々サボる事って大切だと思っています。

そうすると、

自分がいなくても、世の中はふつーに回っているな~

ってことが分かります。

専業主婦だから、料理も洗濯も育児もしっかりやらなくちゃ

勉強を始めたのだから、最後までやらなくちゃ

ブログを書き始めたのだから、毎日書かなくちゃ

何となく、そんな

「やらなくちゃ」

「こうあるべき」

に、いつの間にか自分で自分を縛ってしまう事がある。

それって、すごい疲れるー

でも、そんな頑張っている自分に酔ってるんだよね。

そんな自分に価値があると思ってるんだよね。

だから、休む事やサボる事が、

正直、怖い。

ここまで頑張ってきたことを、手放してしまうような気がして

本当の自分と向き合うのが怖かったりして。

自分には何もないのかもしれない、そんな虚無感を感じてしまうのかもしれないと思って。

だから、休む事・サボる事って

頑張っている人にとっては、

勇気が必要

猪突猛進タイプの私は、まさにそう。

ポキッと折れてしまう事があるので…

折れるのは良いとして、

そこで立ち上がれるかどうか、なんですよね。

立ち上がる時、

時々、敢えてサボるようにしています。

手を抜いてみたり

人にお願いする様にしています

自分でやった方が早かったり、納得いくところもあるけれど

それは、全て自分の為です。

その時その時の状況に応じて、無理せず生きやすい生き方を自分にしてあげたいと思うから。

イメージは柳の葉っぱ。

風に揺られて、ゆ〜らゆら~。

ああなれたらいいなぁ…って思う。

旅行に行ったり、海外で生活していると

ほーんと誰も日本人みたいに一生懸命働いていません(笑)

ガム食べながら接客していたり、

レストランでも、なっかなか、オーダー取りに来ないし…

仕事は早々切り上げて、早く帰ってきますし…。

(金曜日ともなると15時になったらオフィスには誰もいない)

こんな風に、サボっていたり、やる気のない人を見ても

いつの間にか腹が立たなくなりました。

人は、人。

あ、私もサボってるわ…って(笑)

自分がいなくても、世界は普通に回ってる

でも、

自分を大切にしてあげられるのは自分しかいない

今日も読んで下さり、ありがとうございました。