お友達の力

image

先週の出来事です。

1週間ほど一緒にいた義父母が、日本へ帰られました。

お別れをした朝、息子は泣きながら着替えをしてキンダーへ行きました。

スクールバスのお迎えギリギリになってしまい、そのまま駆け足でバスに乗り込んでいった息子。

(大丈夫かなぁ…)

と心配になり、気になってランチの時間、偵察に行きました。

相変わらず、子離れできない私…(^_^;)

いつもの様に、こっそり覗いてみると、お友達と一緒に鬼ごっこをして外遊びをしていました。

私を見つけると、「ママー!」と駆け寄って、ハグをしてくれました。

(とりあえず、元気そうで良かった…)

一緒にランチの付き添いをしていると、

息子「僕、旅行でどこに行ったんだっけ??」

「真っ黒に焼けて、どこに行ったの?って先生やお友達に聞かれたんだけど忘れちゃったの」

(おいおい、今朝何度も「バハマ」って教えたのに…)

私「バハマだよ」

息子「そうだった、バハマだ!先生に聞かれたから、言ってくる!」

そう言って、ちゃんと先生に伝えていました。

先生「Wow! Bahamas !!!」

子供が伝えたいことを分かっているので、子供の視線に合わせて、オーバーリアクションで驚いてくれます(^_^;)

それが子供にとっても嬉しい。

義父母とのお別れも辛かったけれど、学校に行って子供同士で遊んで、すっかり元気を取り戻したようです。

学校をしばらくお休みしていたので、少し不安だったのかもしれません。

けれど、行ってしまえば、いつもの様に「Hey! Sola!」とお友達が迎え入れてくれたのが、とても嬉しかった様でした。

お友達の力ってすごい!!

初めはコミュニケーションをとれなくて、自分から話す事も出来なかった…

話しかけられても、何も言えなかった5か月前。

最近は、出川イングリッシュでギャグを言う程にまで成長しています。

特に、女の子がウケてくれると調子に乗っています。

全く、現金な奴だ…

image

身を乗り出すほど、自分から何か話そうとする、そんな姿を見て、本当に嬉しくなりました。

(そろそろ、ランチの付き添いも終わりかな~)

そんな一日でした。

今日も読んで下さり、ありがとうございました。