happyとpay it forwardの法則

image

pay it forward

映画にもありましたが、日本語に訳すと

「恩送り(おんおくり)に、なるようです。

誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ること。そうして「恩」が、世の中をぐるぐる回ってゆくということ。

今日は、カリフォルニア・ディズニーランドへ行きました。

平日とはいえ、春休みという事もあり、結構混んでいました。

パークが開く時間に入園して、午後からスムーズにアトラクションに乗れるように、ファストパスを取りながら、乗りたいアトラクションに並んでいました。

お昼前にはどのアトラクションも長蛇の列。

息子は、「まだー?」を連呼する。

休憩するにも、なかなか良い場所が見つからない。

ようやく、一番楽しみにしていたアトラクションのファストパスの時間になったので、そのアトラクションへ向かいました。

すると、さっき故障して動かなくなったとのこと。

いつ、再開できるかも分からない…と、スタッフの方が説明をしています。

(え〜 一番楽しみにしていたのに…また別のアトラクション並ぶにも、大変だ💦)

他に2つのアトラクションのファストパスを取っていますが、いづれも乗れるのは2時間後。

仕方ない。

息子が、また朝一番に乗ったジェットコースターに乗りたいというので、そこへ向かうことに。

ここでも50分待ち。

並ぼうとしたら、息子の身長チェックがはいりました。

残念なことに、あと1cmも満たない位で、息子の背が届かないからダメと言われました。

(えー 朝は良かったのに…他の場所のアトラクションもOKだったのに…T_T)

人によって、絶対にルールを守る人もいれば、それ位なら大丈夫よ、と言って通してくれる場合もあります。

こればかりは、ルールだから仕方ない…

そして、息子が

「僕もう疲れたから帰りたい…」

と、言いました。

子供は正直です。

私も、同じ気分でした。

2パークのチケットを買っているのに
まだ半日しか過ごしていないのに
ファストパスもこれから使えるのに…

勿体無いなぁ…という気持ちも、もちろんありました。

何となく、お昼頃から歯車が上手く噛み合わない、うまく流れに乗れていない様な気がしていました。

座る場所もいっぱいで、なかなか席が見つからなかったり

タイミング悪く、乗るはずのアトラクションが故障していたり・・・。

小さな事だけど、ちょっとずつ、

(あれ?なんだかな〜)

っていう事が重なってる。

それで、私も

「もう、ここから出よう」

と、主人に伝えて、ゲートへ向かいました。

息子と主人がおみやげ屋さんへ行ってる間、

(このまま帰ったらスッキリしないなぁ…)

と思っていました。

せっかく来たのに、「楽しめなかった」というイメージで終わってしまう。

その時に、まだ持っていたファストパスの事を思い出しました。

アトラクションに並んでいる時に、私だけ抜けて取りにいったパス。

ちゃんと時間も考えながら、なるべく疲れないようにスケジュールも立てていました。

これを無駄にしてしまうより、誰かに渡して使ってもらえるといいなぁと、思いつきました。

初めは、我が家のように3人家族で子供がいる人に渡したいなぁと思っていました。

こんなに暑い日は、子供も並ぶのが大変だろうから…

でも、なかなか見つからない。

そして、無意識に

ハッピーで、人の良さそうな人に渡したいなぁ

と感じたのです。

そんな人をキョロキョロ探していると、若い女の子2人と男性1人で来ていた3人が目に付きました。

彼女たちはとても嬉しそうに、いい笑顔で歩いていました。

その彼女に

「私たちはもう帰るから、良かったらこのファストパスを使って」

といって、手渡しました。

3人は、とても喜んでくれました。

その時に、気づいたのです。

そうか!!

ハッピーな人って、ハッピーオーラが出てるから、またラッキーな出来事にでくわすんだ♪

「棚からぼた餅」みたいに。

実際に、自分が声を掛けるとなると、

疲れた顔している人

機嫌が悪い人

要するに、「負」のオーラがある人には、声がかけづらいんです。

その負のスパイラルに、自分も飲み込まれてしまうのでは?と思うと、距離を置こうと思うのが自然なことなのだと気がつきました。

良いことがあったから、ご機嫌になるんじゃなくて

ご機嫌にしてると、いい事が起こる♡

そして、さっきまで自分がすごく疲れた顔してたなー

ということに気がつきました(^_^;)

そりゃ、ハッピーも逃げていくわ(笑)

私がしたことは、大したことじゃないけれど

「pay it forward」

その心を持って、それを実践してみたことで、こんな風にハッピーの原則に気づくことができた。

そして、そこで「負」の流れが変わった。

全く知らない人だけど、誰かを笑顔にできたと思えただけで、自分にもエネルギーが補充されて、満たされた♡

☆ご機嫌にしてるとhappyがやってくる

☆pay it forwardの心が、自分を満たしてくれる

この2つを肌で感じることができたことは、私にとって、とても貴重な体験になりました。

image

ゲートを出たときに見かけた景色。桜?と思ったら、花はつつじの様な形をしていました。

ヤシの木と対照的な色合いがマッチしていました。

今日も読んでくださり、ありがとうございました。