人それぞれのお片付け

image

ブログを始めたいと思っていた時、自分の得意な整理整頓や、断捨離について書きたいと思っていました。

そこで、身近な友達に

断捨離で行き詰っている事や

手が付けられない理由、

どんなアドバイスを聞いてみたいのか教えてもらいました。

  • 捨てたいけど、もったいなくて捨てられない
  • アメリカの部屋は広いから、不要なものをどんどん目につかない所においてしまう
  • 後で何とかなるだろうと思ってる
  • 子供の思い出のものは、どうしても捨てられない
  • 片づけをする時間がない・・・

人によって大切にしているものが違うし、

捨てる事だけが片づけではない、

だから、押し付けられるようなアドバイスはいや…

私は、昔から片づけることが好きで、時間を忘れるほど、収納やインテリアの雑誌を眺めているのが楽しくて仕方がなかった。

けれど、友達も家族もファッション、お料理、お裁縫、絵画、読書、ゴルフ・・・

それぞれ、好きや得意な事が違うから時間の過ごし方も、持ち物の量も違う。

当たり前の事だけど、それに気が付いてから、断捨離や片づけと言うのは、自分が思っていた以上に、センシティブな事だと分かりました。

そして、友達が正直に話をしてくれたことで、「断捨離」について改めて考えることができました。

断捨離は、モノを捨てたり、整理整頓することがフォーカスされがちだけれど、私が実践してきて感じる事は、

モノや自分の気持ちに「向き合う」

という事だと思っています。

だから難しい。理論で解決できない…。人それぞれの考え方が違うから。

おっと、また熱く語りそうになっていました。

長くなりそうなので、これまで私が実践してきた事、感じたことや気づいたことを、またブログに綴っていきたいと思っています。

今日も読んで下さり、ありがとうございました。