季節の変わり目と写真整理

image

8月だと言うのに、秋風が吹くミネソタ。

日中の日差しも、

虫の音も、

場所によっては、木々が紅葉していたり…

まさに今が季節の変わり目と言ったところです。

image▲日差しが落ち着いて、木々や花がとっても鮮やかに

昨日から、3年間溜まった写真を整理しています。

と言っても、現像して年間ごとに袋に入れてまとめているだけです。

(トップ画面の様に)

パソコンにはデータを入れていたのですが、ずっと現像していないまま。

現像したら、またアルバム整理しなくてはならないし、

転勤族ともなると、相当な量のアルバムは場所も取るし、持っていく事も大変です。

(もう、現像する必要などないかな…)

そう思っていました。

息子が3歳になるまでフォトブックも作っていましたが、それも辞めてしまいました。

デジタルフォトフレームで楽しめたら、それでいいかなって。

携帯で手軽に写真が撮れるようになると、写真の量も増えて、何を残すか取捨選択するだけでも結構な時間がかかります。

データのままでいいか、

それとも手元に現像して残した方がいいのか…

迷いながらも、またいつか時間が出来た時に…なんて思っていました。

ところが、先日、携帯を落としたこともきっかけで、

「写真の整理をしておこう」

と思い立ちました。

運が良くなりたければ…
運が良くなりたければ…
今日、携帯を無くしてしまいました… 公園から家に帰って、いつもの様にカ...

データが消えてしまったら…

また、携帯を落としてしまったら…

あったものを失う事が、怖いのだな~と感じました。

それに、データで残していても、やっぱりパソコンを開いて写真を見ると言う事はほとんどありません。

ここは、アナログで残しておこう。

写真を選んでいるうちに、いろんな出来事を思い出すことができました。

ああ、こんな事があったなあ…

ミネソタに来た当初は、息子も英語になれなくて大変だったなあ…

まだ小さいなあ…

「たくさんの方達に、支えられてきたのだなぁ」

人の記憶と言うのは不確かなもので、

何故か、自分がたった一人のような孤独さを感じる事があります。

(秋になると人恋しくなったり…)

けれど、写真を見て、その時の事を振り返ったり

思い出したりすると、

その時に繋がった方達のお陰で、今の自分がいるんだな~

と言う事に気が付きます。

引越を数多くしていると、別れと出会いの数も増えます。

物質的な距離はできてしまっても、

やっぱりそこで一緒に体験して、感じて、シェアした事は

全て今の自分に繋がっています。

写真は、それを瞬間的に収めてくれるもの

あいまいだった記憶を、確認させてくれるものでもあります。

その時の気持ちを、思い起こさせてくれるもの。

まだ赤ちゃんだった頃の息子の写真を見ると、

昨日できなかったことが、今日出来る様になっていて驚いたり

新米ママで悪戦苦闘しながらも、楽しかったことがいっぱいあって

それを逃したくなくて、本当にたくさんの写真を撮っていました(笑)

息子も自分の小さい頃のアルバムやビデオを見る事が好きな様で、

たまに

「どんな風だった?」

「ママ、その時どう思った?」と聞いてきてきます。

久しぶりに数年前の自分の顔を見てみると、表情も違って見える。

そして、若い(笑)

その時々で感じる事や考えている事で、同じ人物でも顔つきが変わる。

何となくですが、写真整理をしようと思い立ったことも

「いつも誰かと繋がっていて、支えられてきたのだ」

と言う事を、感じたかったのかもしれません。

毎日バタバタと慌ただしく、視野が狭くなると

ふと落ち着いた時に

「何やってんだろ〜、私」

って思う事ありませんか?

そんな時、ちょっ写真を眺めてみると良いかもしれません^ ^

大変だった時も、乗り越えて今があるし、

きっと、自分一人が頑張っているわけじゃないんだってことが分かると思います。

昨日、今日で3年分(約700枚)の写真を選びました。

写真を現像したら、メモを書く作業。

写真には日付をいれているので、写真の裏に、撮った場所、一緒にいるお友達の名前を書いています。

秋の夜長に、気分転換と思って作業を進めていこうと思います♪

今日も読んで下さり、ありがとうございました。