自分をもてなす

image

「自分をもてなす」

これは、自分を大切にする一つの行いだと思っています。

私は普段、家でお昼ご飯を食べています。

多くの場合、昨晩や朝のお弁当の残り物。

時々、買ってくることもあります。

自分一人だけなら、適当に買ってきたお惣菜のパックのまま食べたっていい。

洗い物もしなくていいし。

冷蔵庫の中からとりだして、チンして、そのまま食べたっていい。

私は、ずっとそのスタイルでした。

誰も見ていないし、お腹がいっぱいになればいい。

けれど、自分を大切にしてるか?と言えば、NO。

お客様にそんなもの出せるか?と言えば、NO。

昨日も書いた様に、自分を大切にすると言う事は人も大切にすると言う事

お客様(人)に心地よく過ごしてもらえる様におもてなしをするのに、どうして自分にはしなかったのだろう

食事を大切にしていなかったな…

自分を粗末に扱っていたな…

それに気づいてから、私はランチの時間をちょっとだけ素敵にしてみる事にしました。

(ペットボトルから直接飲んでたのを)飲み物をグラスに入れて

テーブルマットをひいて

花をテーブルに置いて

(残り物でも、買ってきた総菜でも)お皿にきれいに盛り付ける

晴れた日は、少しでも太陽の光を浴びるように(ミネソタでは特に大切!)窓側のテーブルへ移動して、外を眺めて食べてみる。

それだけで、グッとオシャレになります。

心地よくなります。

家族全員分をしようと思うと、片付けも大変だけど、1人なら、たった5分もあればできる事。

ネットや携帯を見「ながら」食べていたことを、止めてみる。

好きなBGMを流して、

一口一口をゆっくり味わう。

誰かと一緒に食事をすると、黙って食べる事はなかなかできません。

食べる事より、トークがメインになります。

それが、食事の楽しさでもある。

じゃあ、1人の食事は寂しい?

いいえ、一人だからこそ、

食材と対話する事が出来る。

とても貴重な時間だと思っています。

私は、食材と対話するために、目を閉じて味わっています。

目を閉じただけで、味覚が研ぎ澄まされるから。

甘味、苦み、酸味、組み合わされた時の味を感じるために。

すぐにできてしまう事を、あえて時間をかけてやってみる

そこに、気持ちの余裕が生まれる。

お客様におもてなしするように、自分にもおもてなしをしてあげよう♡

今日も読んで下さり、ありがとうございました。