ライブ放送のお仕事

7829E2F2-6F5B-4F4E-BA39-07E9DF33A691

年が明けて、初仕事へ。

前回と同じ、テレビ・ネット通販「EVINE」のライブ放送の番組です。

海の向こうで暮らしてみたい⑳~モデルへの道~
海の向こうで暮らしてみたい⑳~モデルへの道~
今日は、粉雪が舞う中「EVINE」という、テレビ・ネット通販番組のお仕事...

今回は2回目と言う事もあり、流れは把握できたので、

後は、ポージングや視線の送り方、服の見せ方をどうするか。

現場に行けば、教えてくれるのは立ち位置のみ。

それ以外は、自分で動画などで情報を集め、経験を積んでいく他にありません…

事前に、今日着る服の情報をEVINEで調べて、ライブ放送を見ながらモデルさん達のポージングや、服の見せ方、歩き方、バック(背中)の見せ方をチェック。

今まで番組を見て、そんな事など気にもかけていなかったけれど…

いざ自分がやるとなると、力の抜き方、笑顔、モデルさんによってそれぞれで面白いな~と勉強になりました。

何事も意識してみると、いろんな発見があります。

放送が始まる1時間前にスタジオ(控室)へチェックイン。

その間、モデルは自分でヘアメイクをします。

 

スタジオが近所なので、自宅でヘアメイクをしてからスタジオに入りますが、

人によっては、スタジオまで1時間近くかけて来るモデルさんもいます。

ライブ放送なので、遅刻厳禁!

この時期は特に道路が凍結しているので、時間が読みずらく大変だと言っていました。

放送の15分前には、衣装や小道具のある部屋で待機。

そこで、スタイリストさんが用意した服に着替えます。

00785A6A-D7DE-4495-A951-A387B17BB1C4

▲今回ご紹介した「One world」のブランドは、エスニック柄のお洋服が多く、シンガポール航空の時代を思い出しました(笑)

カメラマンの指示に従って、立ち位置を確認。

12E2F7CF-1B87-4D28-9F1F-52A052404500

司会者の女性2人が、服の紹介をしていくので、後はもう

全て、アドリブ!!!!

クルッと回って、後ろを見せたり

袖をまくったり、

裾のデザインやストレッチ具合を実際に伸ばして見せたり…

F36524B7-E28D-4EBC-9758-91D4140D9F2B

▲服の柄がきれいに見えるように立ったり…

時々、司会の方がサイズや、服の感触について感想を聞いてきます。

笑顔でカメラを見ているだけでなく、カメラマンの指示と、彼女たちの話を聞きながら動きを合わせていかなくてはいけません💦

日本語ならまだしも、英語となると、私の頭の中で話が

飛んで飛んで飛んで~♪♪

回って回って回~る~♪♪

3台のカメラがあるので、今はどのカメラで映しているのか?を意識しながらカメラ目線で笑顔を決めなくてはならず…

初めは、一体どのカメラを見ていいのか分からずに、完全に私の目は泳いでいました(汗)

今回はタイミングよく、妹一家が実家に帰省中だったので、皆でライブ放送(ネットで見られます)を見てもらえました。

未だに母は、私がモデルを始めたことに

「騙されているのでは?」

と不安だったそうで…^_^;

元気に仕事をしている姿を見て安心したと同時に、とても喜んでくれていたそう。

983BC6A3-B519-468B-AA89-1B2D500222F3

 

普段では着ないデザイン、柄、色のお洋服を着る事が出来るのはとても新鮮で、

「女性に生まれて良かったな♡」

と感じました。

女性は素敵な洋服やアクセサリーを身につけるだけで、まるで魔法にかけられた様に気分が上がります。

こういう気持ち、大切だなぁ…と

71FADE4E-67D7-4DE4-B524-3FD3A2E6512E

ブログを書き始めた頃から、

何かやりたい

でも、私には一体何が出来るのだろう…

そんな風に、悶々としていた時期があったからこそ、

自分らしさを表現できる「機会」を与えて下さることに、今は心から感謝できます。

その気持ちをいつまでも忘れずに

一つ一つのお仕事に対して丁寧に取り組んでいきたいと思います。

今日も読んで下さり、ありがとうございました。