出かける前にしていること

image

「部屋をリセットする」

これが、家を出る前の私の習慣になっています。

特に、旅行に出かけたり、家を長く空ける時には、お掃除もしっかりして、全ての物を定位置に戻しています。

その理由は、帰ってきた時に

「気持ちよく部屋に入るため」

でもありますが、

「いつ、どこで、何が起こるか分からないから」

という理由の方が大きいです。

以前CAとして働いていた時、ルームシェアをしていたこともありましたが、一人暮らしをしていたこともありました。

「今日も無事に帰ってこれますように…」

そんな気持ちを込めて、フライト前にお掃除をしていました。

もし、私に何かあった時、誰が部屋に入っても、恥ずかしくない様に。

必要なものを持ってきてもらいたい時、身内や友人がそれらをすぐに見つけることができるように。

引き出しの中や、クローゼットなど、どこに何があるか把握するようにしていました。

自分の記憶のキャパシティーがとても小さいので、部屋には本当に必要なものだけしかありませんでした。

そして、家族には

「もし私に万が一のことがあったら、手紙と、貴重品を〇〇に置いているから、それを読んでほしい」

そんなことまで伝えていました。

まだ20代前半で、そんなことを考えるのは縁起でもない、そう感じるかもしれません。

けれど、残された人に、自分の意思を伝えておくには用意するに越したことはない、そう思っていました。

今でも、その頃の習慣が抜けず出かけるぎりぎりまで、つい片づけをしてしまう…。

10日間という短い日数ですが、今日から息子と二人で、日本に帰省します。

今年一年、お世話になった部屋に感謝の気持ちを込めて床や食器棚の中を拭き掃除。

しばしの日本滞在。

家族と一緒に、おいしいものを食べて、のんびりしてきたいと思っています。

今日も読んで下さり、ありがとうございました。