私の趣味


image

「趣味は何ですか?」

と聞かれて困らない程度に、いろんなことをやって来たし、いろんな場所を旅した。

例えば、

ソフトボール、ウェイクボード、スノーボード、ゴルフ、絵手紙、ギター、アロマテラピー、ヨガ…

何か、他にもいろいろやって来た気がするけれど、忘れちゃったな。

それだけ、その時は熱中していたけれど持続していないと言う事。

主人を見ていると、趣味って言うのは、多分、好きすぎて辞められない事なんだと思う。

レゴもマンガも、ゴルフも料理も、気づいた時からずっと続いてて、

「止めなさい」と言われても、やめられない。

私の場合、「止めなさい」と言われると

「はーい」と、簡単に止めれてしまう。

どんだけ軽いんだ!?

その時はめちゃくちゃ熱中してるんだけど…

じゃあ、止めなさいと言われても、止められない。

ついやってしまう事って何だろう…

そう考えると、

「食べる事」

「掃除する事」

「軽い運動」

「眠る事」

まさに、

「生きる事」そのもの

だと言う事に気づいた。

そして、私にとっては、それらは

適度に「そこそこ」で十分なのだ

完全オーガニックとか、凝った料理じゃなくても、

ホテルの様にいつも均等に美しくなくても

ストイックに体を鍛えるわけでもなく、心地よい程度

美容と健康の為に、なるべく早めに眠る

ほどほどに、適度にできている事が長続きするし、

自分を満足させてくれる事だったと気づいた。

どれか凝り始めると、全てが偏り始めてしまう。

どこかでバランスが崩れる。

私の場合は、「もっと、もっと」の「我」と「欲」が出始める。

「そこそこ」に満足する人生では何も達成できない!

以前、こんな事を誰かのブログで読んで、

私も感化された時期があった。

ちょうど1年前かな。

そう言えば、ブログを始めたのもそんな事がきっかけだ。

「何かしなくては」

「突き抜けなくてはいけない!」

その為には、好きに集中して、磨いていかなくては!

それで、自分探しを始めて、自分には大した特技も何もないと落ち込んで…

1年が経って、今や、そんな事どうでもいいと思える様になった。

そして、そんな自己啓発本やブログを読むことを辞めた。

読むと無駄に気が疲れるからだ。

たまに読むこともあるけれど、

読んでいて、(この人、疲れないのかな?)って感じる時もある。

気持ちにブレが無くなってきたのだと思う。

これだ!と思ったヨガを始めて、

腰を痛めて出来なくなってから、趣味という考え方が変わった。

家族が仲良く、元気で

友達がいてくれること

安全な場所で暮らすことが出来る事

それ以外に、何を望むことがあろうか?

「生きる事」が趣味になると、自分の時間がないとか、趣味が出来ないとかどーでも良くなってくる。

掃除した後、きれいな部屋でゆったり音楽をかけながらコーヒーを飲むことに至極の幸せを感じる。

私はこういう時間がすごく大切。

誰かに喜んでもらえなくても、自分で満足できる。

趣味ってそういうものだと思う。

キッチンに立って、家族の食事の用意をする事

掃除をする事

洗濯をする事

ウォーキングでリフレッシュする事

生きていくための基本に戻ると、全てがシンプルになる。

それに気がつくと、すご~く楽になる。

今までグルグル彷徨っていたけれど、元の位置には戻っていない。

いろいろ行動したり、考えたり、感じたりした分、らせん階段を少しづつ上っていく感覚かな。

趣味は何ですか?と聞かれたら

迷わず

「生きる事です」

と答えるだろう。

なんか変な人かな?

でも、それが私なんだから仕方ない(笑)

今日も読んで下さり、ありがとうございました。