「どうせ」より「どうせなら」

image
「どうせ、私なんて…」

「どうせ、そんな事しても無駄だし…」

「どうせ」が、口癖になっていませんか?

はい、それは私でーす(笑) 

(゚ρ゚)ノぁぃ

意識が変わる前の私は、

「どうせ結婚してるのだから、(恋愛なんてしないし)オシャレする必要ないし…」

「どうせ子供がいるから、自分に手をかける時間なんてないし…」

「どうせ最後は捨てるんだから、良いものはいらない」

「どうせ花なんて枯れるのだから、置く必要はない」

キャ~出てくる、出てくる!!

「どうせ」のオンパレード!

こんな風に書いていると、

私の幸せって何だろう…

と、悲しくなってしまいます(涙)

好きな仕事が出来て、好きな人と結婚して、子供に恵まれて…

こんなにも素晴らしい現実が、自分のすぐ近くにあるのに全然見えていなかった。

どんなに思い通りになった人生だとしても、「どうせ」がつくと、一瞬にして無味乾燥なものになってしまう。

そんな時、「どうせ」から

「どうせなら」

に変換してみよう!

「どうせなら、(結婚してるのだから)自分の好きなオシャレを楽しんでみよう!(モテ路線ではなく・笑)」

「どうせなら、子供と一緒に体を動かしてエクササイズしてみよう」

「どうせなら、少なくてもいいから上質で、自分を高めてくれるものを買おう」

「どうせなら、お花を飾って部屋を明るくしてみよう」

「どうせなら」にした途端、ものすごくポジティブ!

たった二文字「なら」を付けただけなのに。

どんなに小さな事でも、まだ自分の思い通りになっていなかったとしても、「どうせなら」をつけた途端、人生に潤いが生まれる。前向きになれる。

女性がポジティブになった途端、家が明るくなります♡

彼女が暗いと、彼もテンションが下がります。

ママが暗いと、パパは家に帰る事が苦痛になってしまいます。

子供は不安になってしまいます。

急に歌いだしたり、踊ったり…変なテンションで逆に困るって、家族から言われますが…

気にしない、気にしない!

女性がポジティブでいる為には、

もっと自分の好きな事に貪欲になってもいい

その為に、ワガママ言ったっていい。

貴方が思っているワガママは、可愛いもんです♡

我慢する事が、美徳とは限らない。

我慢はダメです、いつかマグマの様に噴火します!

(↑実証済み・笑)

どうせ、と諦めたら、そこで終了。

まだまだ続いていく未来、これからもっと楽しまなくちゃ♫

一度きりの人生、

どうせなら、思いっきり自分らしく生きてみよう!

今日から「どうせ」って言いそうになったら、「なら」をつけることをお忘れなく。

後付け、大いに結構結構!

(↑自分でもよくやるパターン)

 ( ・◡ु‹ ) ˄

今日も読んで下さり、ありがとうございました。