損得の捉え方

image

息子の貯金箱と全財産

何かをする時、

ついつい

「損か、得か」

を考えたり、

それで選んでしまいがちです。

特に欲しくもないのに、

「Buy one get one free」

「今なら一枚買ったら、もう一枚が半額ですよ~」

の言葉に踊らされて、

お得と思い、買ってしまう。

あの人と友達になっておけば、

いろんな伝手(つて)が出来る。

だから今のうちに、

友達になっておこう。

ここで親切にしておけば、

後で助けてくれるかもしれない…

こんな風に損得勘定で

考えたり、選んでいると

気づかない内に

自分が、相手や物に

コントロールされることになってしまいます。

欲しくもないのに、

いつの間にか買わされていた。

好きでもないのに、

いつもご機嫌伺いをしていなくてはいけない。

これだけやってあげたのに、

何も返ってこない…

得をすると思ったら、

いつの間にか

自分が主体ではなくなっている。

つまり、それって

極端かもしれないけれど

損をしているってこと

ガーン( ̄□ ̄;)!!

それに気付いてから

私は損得勘定を

一切無視することにしました。

と言えたら、カッコいいけど

まだまだ、その域には達していません。

なるべく、考えない様にしよう

そう思っています。

今、これが欲しいから、定価で買う。

一緒にいて楽しいから、友達になる。

喜んでもらいたいから、やる。

自分の気持ちに、素直に従ってみると

自分で納得することが出来る

自分で納得できれば、

人に見返りを求めなくなる。

逆に、

えーなんで私がやるの~?

めんどくさ~い、と思った事でも

「これも学びの一つ」

として、捉えるだけで、

「案外、好きかも?!」

「勉強になった」

と言う事が、結構ありました。

「損」だと思ったことでも、

自分の気持ちの持ちようで、

「得」に変換することもできる。

だから、損か得かって

「自分の捉え方次第」

で、変わるのだと気づきました。

ブログもそうです。

これを書いているからと言って

何の収入にもならない。

お金にもならないことを、

なぜこんなに時間かけてやってるの?

しかも、批判される事だってあるのに…

と、言われたとしても、

「好きだから、書いている」

ただ、それだけです。

因みに、

「暇を持て余した、主婦の遊び」

と、主人から言われてますけど…

モンスターエンジン

「私だ」「お前だったのか!」

(*画像お借りしています。)

自分の考えを整理したり

物事を見つめ直したり、

それを言葉で表現してみる。

その作業に

お金では買えない「価値」や「楽しさ」を感じる。

読んでくださる方と

気持ちをシェアできる(←勝手にそう思っています^ ^)

だから、続いている。

私の場合、損得で考えると

自分を守ろうとして、

行動できなくなってしまう。

初めの一歩が、

踏み出せなくなる。

それって、自分の人生なのに

initiative(主導権)を放棄してしまっていることになる。

いかん、いかん。

それじゃ、何かあった時、

誰かの責任にしてしまうじゃない!

自分の人生なんだから、

損しようが得しようが

自分でどうするかを決めたい。

因みに、息子は

全てのモノを

25¢(セント)で換算しています。

このレゴ、25¢何枚で買える?とか。

「僕、自分でおもちゃ買う!」と、

ブタの貯金箱から、

ありったけの25¢を取り出し、

握りしめて買い物へ行きます。

全然足りてないのに。

結局、ガチャガチャして終わり。。。

自分の好きなものは

自分で買いたい!

常に主体的、というか

今を生きている(笑)

でも、その本気度が

見ていて気持ちいい。

真っ直ぐだな〜

シンプルだな〜

image

結局、ガチャガチャでキャンディーしか買えていないという…

今日も読んで下さり、ありがとうございました。