言葉は生きている

image

あけまして おめでとうございます。

いつもブログに訪問してくださる方、そして、新しく訪問してくださった方、ありがとうございます。

去年の12月からブログを書き始め、ちょうど、ひと月が経ちました。

こうして日々の思いをブログに綴っていると、自分がどれだけ多くの方たちに支えられて、ここまでやって来る事ができたか、そのことを、強く実感しています。

道に迷った時や、落ち込んだ時、自己啓発本を読んだこともたくさんありました。

けれど、いつもこうして書きながら思い出す言葉は、直接会って、話をした「生の言葉」ばかり。

人と会って、言葉を交わすという事は、

「自分では意識していなくても後になって、時には、何十年経ってでも、心の中にしっかり宿っているものなのだ」

と、気付きます。

疲れた時や、考え事がまとまらない時、誰かに会う事が、億劫に感じてしまう時もあります。

人と会う事はエネルギーを使います。

話す言葉や内容を選ぶ事もあるし、たった一言で、相手の気持ちを傷つけてしまう事だってあります。

けれど、直接会って話をすると、メールや電話だけではシェアできない、相手の表情や、声のトーン、その時の空気感などが無意識に五感に伝わってきます。

だから、時間が経ってからも、ふとその時の情景を思い出し、その人が教えてくれた言葉が浮かんでくるのかもしれません。

ブログを書く時に、自分の 顔写真を出したのは

「言葉に責任を持つため」

です。

短い文章でも、

自分の気持ちを言葉に乗せているか、

ごまかしていないか?

嘘をついていないか?

一つ一つ、丁寧に、何度も確認しながら書いています。

今年も、今ある環境に感謝をしながら、シンプルに、私らしく言葉を紡いできたいと思っています。

その言葉が、読んでくださる方の心の中に生きてくれると嬉しいなぁ…と、ちょっぴり淡い期待も寄せて…。

2017年が、皆様にとって健やかな一年になります様に。

本年も、どうぞよろしくお願いします。

きしだちほ