生きざまが顔に出る

image

主人と息子がケラケラ笑いながら、写真を撮っている。

何なに?何やってんの~?

どうやら、Face App(フェイスアプリ)と言うもので、写真を撮って自分の年老いた時の顔を見て大笑いしていた様だ。

2人が年老いた時の写真は見るも恐ろしい姿になっているけれど、意外と線は、外れていない感じ。

私もやりたい!やりたーい!

と言う事で、教えてもらってダウンロード。

FaceApp(フェイスアプリ)

image

で、早速自分の顔を撮ってみた。

それがこちら⇩

image

そして、「OLD」という老化した時の顔のボタンを押す。

待ってる時、ドキドキ…

ちょっと、緊張。

で、現れたのが…

image

お、おおおっー!!!!

確かに老化してる!!

でも、

思ったより、悪くない。

「しわ」が、しっかり刻まれてるけれど、

嫌な「しわ」じゃない

って思ったんですよ。

でね、

もしかして、これって

生きざまが顔に出るんじゃないのか?

と思って、

こんな顔をしてみたわけです⇩

image

ハイ、不機嫌。

怒ってる時の顔。

こ、怖~っ…

こんな顔で、ずっと過ごしていたらどうなるんだろう…

っていう軽い好奇心でやってみたら。

いいですか?

先に言っておきますが、夢に出るかもよ。

「閲覧注意」ってことにしておくよ。

では、

ドーン!!!

image

こ、こえーーーーーーっ!!!

ホ、ホラーだ…

今にも、ガミガミ言ってきそうな雰囲気。

間違いなく、意地悪バアさんだ。

主人と息子が

「こわい~、こわい~」

を連呼しておりました。

結婚を後悔した様な顔つきで。(失礼だな!)

ずーっと眉間にしわ寄せて生きてきたから、顔の皮膚も硬くなって、笑う事すら上手くできない。

そんな表情になってしまうんだ〜と感じたわけです。

でね、改めて

笑ってる事って、

すごく大切なんだな~って

思ったんです。

美しくいる為には、「笑顔」でいる事。

もう、これって美容液云々言ってる前に必要だなって。

笑いが体の免疫力を高めると言いますし。

以前にもブログで笑顔について書いたことがあったんですけど、

私にとって「笑顔」は顔の筋トレなんです。

私の笑顔は筋トレで出来ている!
私の笑顔は筋トレで出来ている!
最近、美肌モードのアプリを使い始め、 主人から「調子に乗ってる」「詐欺だ」...

もう、何十年と鍛えてきてるので、いつでもどこでも笑えます。

こうしてブログを書いている時も、微笑みながら、キーボード叩いています。

鏡で自分の顔を見る度に、いい笑顔ができてるかチェック。

ぶっちゃけ、その時にベストスマイルを探してます。

気が付くと、どーでもいい時でも笑ってます。

だから、時々変な人って思われるかもしれません。

「何で笑ってんだ?」って。

だってね、

私、笑顔じゃない時、つまり無表情の時

すご~く怖いんですよ。顔が!!!

さっきの不機嫌な表情の一歩手前的な。

そんな時に、不意打ちで写真撮られるとほんと困ります(笑)

自分の顔をまじまじと見て、長所も欠点も明らめてるから

どうしたら、一番キレイに見えるか研究できます。

口角が上がっていても、つり目なので、目が笑ってないと怖いんです。

それに、大口開けて笑うと、奥の銀歯が見えちゃうな…とか(笑)

(↑おい、バラしてどーする!)

先ほどの、二枚の写真を撮った状況は同じです。

でも、毎日の過ごし方、心の在り方で、こんなにも変わってしまう。

他にも撮ってみたので…いろんなバージョンで。

しつこい?

許して♡

image

表情一つで、若いかどうかじゃなくて、

幸せオーラ不幸オーラか、一目瞭然です。

笑顔で表情が生き生きしていると、

歳を重ねた時に、

もっと魅力的になる♡

そう思いました。

これは、男女関係なく。

この写真を見てから、

私は「決め」ましたよ。

ずっとずっと、どんなことがあっても

いい笑顔でいるぞー!!!

って。

そしたら、言ったそばから、息子「おねしょ」の巻。

しかも、一晩に2回。(夜中に1度シーツ変えた後の…)

しかも、ダブルの掛布団にも!!!(洗えない~汗)

あ~、私、怖い顔になってる…。

いかん、いかん

いいのか?例のホラーの顔になるぞ…

そう自分に言い聞かせながら、洗濯機を4回まわしました。

本当はベランダで布団を干す事は禁止されてるけれど、

今日だけは特別に、干させてください…

太陽の光をたっぷり浴びて、ふかふかになったお布団。

お日様の匂いに、思わず笑顔。

『生きざまが、顔に出る』

笑顔って、心の余裕の表れ。

心に余裕がない時は、敢えて笑ってみる。

ちょっとでも、心が軽くなりますように…と。

今日も読んで下さり、ありがとうございました。