男のロマン・レゴ部屋

image

息子は、LEGOで遊ぶことが大好き。

主人と男同士で 部屋にこもり、自分達で、お城や乗り物を作ってストーリーを立てながら遊んでいます。

私の入る余地はなし!

そんな空気が流れています。

子供部屋がLEGOで占領され、遊びだすとこの様な状態に…

image

「LEGOで、もっと遊びやすい部屋作りをしよう!」

と、主人と相談し、IKEAでスチール棚と引き出し棚を購入。

どこに何があるか、分かるようにラベルを貼りました。

image

image

レゴのピースを撮った写真を切り取り、boxの前後にクリアテープで貼っています。

欲しいものがすぐに手に取れて、遊び終わった後も、自分で片づけるようになりました。

今は、子供部屋をLEGO部屋として、主人と息子の趣味の部屋となっています。

image

主人作。スターウォーズ基地

既に多くのおもちゃを持っているので、必要なもの以外、私は買いません。

「ママは何も買ってくれない」

息子から、そう思われています(笑)

今あるおもちゃを大切にして欲しいし、何でもかんでも与えることを習慣にしたくない。

だから、どんどん増えていくおもちゃに私一人でイライラしていました。

ところが 最近は

「もういいや」

そう思い始めたのです。

人の持ち物をコントロールしたり、イライラすることに疲れてしまいました。

私の考え方と。主人や義父母の考え方は違います。

自分のポリシーは伝えつつ、その時の状況を見ておもちゃを与えるようにしています。

そして、一定量(おもちゃbox)をオーバーした時点で、遊ぶものと、そうでないものを選んで、断捨離をしながら自分の持ち物を再確認させています。

image

主人曰く、人形を並べる作業が癒しの時間なんだとか。

日本に本帰国する時は一体どうする事やら…

私にはあまり理解できない世界(笑)

その辺はお二人に任せることとしましょう。

家族が気持ちよく過ごせるために書いた記事です。こちらも良かったらどうぞ↓

どこにいても「my sweet home」
どこにいても「my sweet home」
初めての引っ越しは、大学で一人暮らしを始めた時。 初めて親元を離れたの...

使用した商品です。ご参考までに…▼