自分を好きになると言う事

image

自分が好き、そう言うと

「何だこいつ??」って、思います?

だとしたら、私は「何だこいつ?」って奴です。

私は、小さい頃から

やる事、なす事いつも失敗してばかり

要領が悪く、人の倍の努力をして、

やっと人並みと言われ

女子なのに、男勝りで男子に大切にされず

クラスで先生に叱られる女子は私だけ

中学の頃、先輩に目を付けられて

イジメられたこともありました。

色々思い返すと、マイナスなこと

いっぱい出てくる、出てくる!

けれど、そんな事があったから

「自分で自分の事を好きになってあげなくちゃ!」

そう思ったんです。

生まれてきた時から、

死ぬまで一緒なのは、

誰でもない自分だけ。

失敗したり、一人ぼっちと感じた時は、

悲しい音楽をかけて、思いっきり泣いて

そこまでする?って程、凹みまくります。

中途半端なことはせず、思いっきり。

それは1日だったりする事もあるし、

しばらく時間がかかる事もありました。

満足いくまで凹んだら、

「よし!がんばれ千穂!ファイト~お~!」

「大丈夫、大丈夫。いつもの様に、失敗は通過点でしょ?」

「また経験値が増えてよかったじゃん」

と、心の中ではなく、実際に声に出して自分を励まします。

ファイト~!おー!の後はガッツポーズも。

もちろん、一人の時に。

見られるとやっぱり恥ずかしいですから…

こんな風にして、

気持ちの切り替えを自分なりに考えて

今までやってきました。

一人になる時間が多ければ多いほど

孤独に感じ、寂しさと向かい合う時間が増えます。

一人暮らしをしていたので

家族がすぐ側にいたわけでもなく、

友達だって自分の都合があります。

だから、孤独や寂しさを

自分で昇華していかなくてはなりませんでした。

自分磨きをしていれば安心と、

アロマテラピーのコースを学んだり、

指圧の勉強をしたり

資格を取ることで安心感は得られました。

けれど、結局それに飽きてしまえば、

また同じ繰り返し。

結婚して、いつも側に家族がいて

自然に囲まれた美しい環境で生活をしています。

人から見れば、すごく贅沢な環境です。

それでも、

冬のどんよりした空の中でいると

気分が滅入る事もあります。

世間から、取り残されたような感覚に襲われることだってあります。

結局、どこにいても孤独や寂しさからは

逃れられないのだと分かりました。

自分の影の様に、ずっとまとわりついてくる。

それなら、自分の影を好きになればいい。

嫌な自分になった時でも、

ずっと、ついてきてくれるのだから。

寂しくても、孤独でも、

「私はずっと一緒だよ!」と

けなげに付いてきてくれる。

自分を好きになるには、時々勇気がいる。

周りからKY扱いされる事もあるし

変人と言われることも…

(因みに、私は母親から「宇宙人」と言われています)

それでも、自分を好きでいれば

少なくても

自分を裏切るようなことはしない

そして、人に対しても許せるようになる。

「だって、あなたも自分が好きだもんね?」って。

自分を好きになると言う事は

周りも許せるようになると言う事につながっていく。

愚痴を言うのもいいし、

わがまま言うのもいいと思うよ、って。

だって、みんな宇宙人。

住む場所が、たまたま同じ地球なだけ。

みんな前にならえして、

同じことしていたらつまらない。

そう思えると、ずいぶん気持ちが楽になりません?

って、自分を正当化したブログを書いてみました(笑)

そんな私に、お付き合いくださり

ありがとうございました。

image

一面グレーのお天気も、ミネソタならでは。こんな日は、家にこもっておうち仕事。