鬼に金棒の美容食

image

旅行から帰って来て、

胃が大きくなって、た、体重が…

∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

体が重たい…。

と言う事で、しばらくは粗食生活。

何にしても、シンプルが一番自分に合っています。

と言うのは言い訳で、

手の込んだ料理を作るのが苦手。

だから、お料理もシンプルなものが多いだけです。

( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

ミネソタに来る前に、ぬか床を手作りしました。

馴染んできた、ぬか床を手放すことが出来ず、

わざわざミネソタくんだりまで、テープぐるぐる巻き&ビニール4重にして持ってきました。

それ以外に持ってくる物はたくさんあったのに、

ぬか床がかなり場所をとっていました。

しかも結構重かった…。

機内持ち込みはできないので、預け入れをしました。

米国にぬか床を持って、入国できるかどうか…。そんな人、他にいるのかな?

ドキドキしていたのを今でも覚えています。

わが子を想うように、毎日かき混ぜていた私のぬか床ちゃん。

無事に税関を通過した時は、ホッと胸をなでおろしました。

一緒にミネソタで暮らせる♪

今でも、長期の旅行になると、ぬか床が気になる時があります(^_^;)

そんなマイぬか床も、2年が経過しました。

アメリカでも毎日大活躍してくれています。

中に入れている野菜は、日本にいる時と少しだけ変わっています。

ミネソタでも、きゅうり、大根、人参、白菜はいつでも手に入ります。

それに加えて、アボカド、コールラビ(カブに近い味)、ラディッシュ、パプリカも加えて、バリエーションが増えました。

image

▲kohlarabi(コールラビ)というカブとキャベツを掛け合わせた野菜。

image

▲塩をつけずに、そのまま切って入れるだけで翌日は浅漬け、2日以降は古漬けになります。

特に、アボカドは大ヒット!!!

少し硬めのアボカドを皮をむいて入れるだけです。

まろやかになって、ぬかの風味が鼻からふわ~っと抜ける感じがたまりません。

それ以来、アボカドを欠かすことがなくなった我が家。

美容食であるアボカドを発酵させるのだから、誰がなんと言おうと

鬼に金棒です

ハイパーフード!

「お肌よ、きれいにな~れ♪」

と、念じながら食べています。

わさび醤油をつけて、炊きたてご飯とのコンビネーションがたまりませーん!!

一度、ぬか床さえ作ってしまえば、簡単に一品増えるし、体にもいい。

いいこと尽くし(^_−)−☆

と言う事で、我が家の一品のご紹介でした。

ぬか床がある方は、是非アボカドぬか漬けを召し上がってみてください♫

今日も読んで下さり、ありがとうございました。