ぼくと英語~プリスクール⑧~

image

いよいよ、6月。

プリスクール最後の月です。今回は、去年の6月9日に行われた、卒園式(graduation party)の様子をお伝えします。

日本の幼稚園での卒園式とは違い、体育館に一斉に集まる事もなく、クラスで行います。父兄も普段着。子供たちはちょっと洒落た服を着る程度で、授業参観に毛の生えたようなものです(笑)

パーティーの後は、簡単なおやつタイムがありました。2時間程度で終わる、とてもシンプルな式。けれど、小さな子供達には、そんなアットホームなパーティーがちょうどいいと感じました。

子供たちは自分で帽子(卒業式でよく目にする)と、メダルの様なものを手作りしていました。それがとてもかわいくて、「よく頑張ったなぁ…」と、胸が熱くなりました。

image

卒園式は、まず初めに先生から簡単な挨拶があり(3分程度)、子供たちが一人ひとり呼ばれて、先生と握手を交わし、卒業証書を受け取ります。

image

その後、スライドショーで、1年間を振り返りました。

あんなにギャン泣きしていたけれど、今ではお友達と一緒に遊べるようになって、本当に良かったなあ…と、感慨にふける私。

そして、歌とダンスを披露してくれました。これまで学んできたphonicsの歌と、子供たちが大好きなkoo koo kangarooの踊りでした。

image

発表も終わり、写真を各自で好きなように撮った後、そのまま教室でパーティー。ポップコーンやフルーツ、ジュースなど簡単なおやつを用意してくださいました。

image

平日でしたが、主人も仕事を抜け出して駆けつけることが出来、一緒に息子の成長した姿を見ることが出来て何よりでした。

発表してくれた、koo koo kangaroo の rainbowの動画と、phonixの歌の動画を貼ります。

プリスクールには約9か月間通いました。英語に関しては、まだまだ日常会話もままならないレベルでした。

学校では、多少コミュニケーションをとる事が出来ていた様ですが、相変わらず家では全く話しませんでした。けれど、プリスクールに通ったおかげで、いろんな国籍のお友達がいることが自然と感じられたでしょうし、耳から入った英語はしっかり基盤になったと思います。

一番つらい時期を乗り越えたかと思いましたが、次のキンダーガーテン(幼稚園)も、なかなか大変でした。

今の時点(2017年6月)では、英語よりも日本語が得意です。

でも、寝言で英語が出てきたり、お友達とお喋りする時は特に困った事も無く英語でやり取りをしています。(ほとんど、闘いの効果音・笑)

これからの「ぼくと英語」はキンダーの様子やお勧めの絵本など、引き続き活動内容や習ったことをお伝えしていきたいと思います。

今日も読んで下さり、ありがとうございました。