受け取り上手、与え上手

image

日本の場合、クリスマスが終わると同時に一気にお正月モードになりますよね。

アメリカでは、お正月のお飾りも無いので、クリスマスを終えてもツリーをしばらく飾っています。

日本から帰ってくると、ツリーの下に、主人から私と息子へのプレゼントが置いてありました。

可愛いラッピングを開けてみると、中には「自撮り棒」が!

「最近ブログを始めたから、これがあれば便利かなと思って」

そう言いながら、使い方を教えてくれました。

「自撮り棒があれば、旅行中でも、自分たちで写真が撮れるから便利だね」

以前、私がそう言っていたことを覚えていてくれたのです。

主人はプレゼントやサプライズが好きなのですが、私の場合、欲しい物は自分で選びたいし、多くのものを持たないので、それを知っている主人や家族・友人から、

「プレゼントするのが難しい」

と言われます。

とてもありがたいのですが、今あるもので満足しているし、そう思ってくれるだけでも十分嬉しい。

素直に受け取ればいいものを、

(なんか申し訳ないなあ…)

そんな風に思ってしまいます。

贈り物をすることも、何を選んだらいいのか迷ってしまい、実はあまり得意ではありません。

けれど、その人を想いながら、喜んでくれる顔を想像して贈り物を選んでくれている。

そう思うと、素直に感謝をして、喜んで受け取ればいいのかなと、思える様になりました。

受け取り上手な人は、与え上手

私も、そんな粋なプレゼントができる人になりたいなと思います。

今日も読んで下さり、ありがとうございました。