秋の夜長に…

image

2年間撮りためた写真を、ようやく現像しました。

今、少しづつ写真の後ろにコメントを書いている所です。

一気にやると疲れてしまうので

その時を思い出しながら、写真を眺めつつ作業をしています。

いつも一緒にいると、息子の成長も気が付かない事が多いけれど

一年前と比べると、グッと顔つきや身長も大きく成長したなあと実感します。

image

その時、BGMで聞いているのが、「スタジオジブリ」をJazz風にアレンジされた曲です。

「ジブリファンに悪い人はいない」

「ジブリ(名場面)を知らないなんて、非国民だ」

と、豪語する程のジブリファンの主人。

ここにいる間に(私の知らない間に)、どんどんDVDが増えていきました。

その影響で、息子もジブリが大好き。

私は、小学生の頃に「ラピュタ」と「ナウシカ」を見たのですが、

イマジネーションが足りないのか、いまいち理解できない所が多かったのです。

アニメに興味が無かったので、それからほとんど観る事は無かったのですが

大人になってからジブリを見て、いつの間にか涙が…。

「なんていい作品なんだ!!!」

横で鼻をすすって泣いていると、

「遅いよ、気づくの…」

「これ30年前に作っているんだよ。すごい事だよ!」

と主人に言われてしまいました。

「はい、すみません。今まで非国民でした…」

BGMを流していると、

「あ!ナウシカだ!」「ラピュタだ!」

と息子も嬉しそうに聴いています。

何かをする時、私は音楽がある方がはかどります。

日中はボサノバ系の曲をかけていますが、夕方~夜はこのジブリのBGMを最近よくかけています。

良かったら、秋の夜長に是非…。

今日も読んで下さり、ありがとうございました。