気持ち良すぎて…

D0264FC1-72D5-4BB9-BF59-F34C9AB6F79D

「ママ、今日もマッサージして!」

と、寝る前にリクエストをしてくる息子。

2歳からはお昼寝を一切しない…

3歳まで毎晩2時間おきの激しい夜泣き

6歳になった今は、「寝なさい」と声を掛けないと、いつまでも起き続ける。

赤ちゃんの頃からそんな感じで、寝る事が一番苦手。

有難い事に、元気な証拠です。(でも、親はしんどい…)

私自身が、夜寝る前にストレッチポールを使って体をストレッチして、軽くマッサージをして寝つきが良くなったので、

(もしや、これは息子の寝つきに効くかもしれない)

と思い、毎晩マッサージをするようになりました。

全く持って、良いご身分の坊ちゃまでございます。

以前、シンガポールに住んでいた時、通っていたフットマッサージ屋さんで指圧を学んでいました。

画像2 068

▲指圧を教えて下さったトミ先生

その時は、

「手に職をつけておきたい」

そんな気持ちからでしたが、帰省した時に母にマッサージをしてあげるとすごく喜んでくれました。

仕事にはしていなくても、知識としてツボを知っている事や、人にマッサージをする時、自分が疲れない様にするコツを知っている事がとても役に立ちました。

あれから10年以上経ちましたが、不思議とマッサージをする順番やツボを体(指)が覚えている。

体で覚えた事って、本当に忘れないんだなあ…息子をマッサージして思いました。

マッサージの時は、部屋を薄暗くして、心地の良い音楽を流します。

体が冷えない様に、毛布を掛けてあげながら

ラベンダー等、リラックス効果のあるオイルやクリームなどを自分の手に付けてマッサージをしています。

「目を閉じて、力を抜いてごらん」

と言いながら、ゆっくり頭から足まで全身マッサージ。

子供だから、ツボを押さえなくても、さすってあげたり、軽く押してあげるだけで十分。

手を当ててあげるだけで、ママとの距離が近く感じ、安心する事が出来ます。

息子が一番好きなのは、手と足のマッサージ。

普段、一番使っていてる部分。だから、ほぐしてあげると嬉しそうに、にた~っとしています。

マッサージを終えてみると…

あれ?

ね、寝てる???

A0E0244C-0A08-4E9A-8780-FEBB3825709D

▲ヨガマットの上で寝ています(笑)

いつもなら、(今だに)寝かしつけに随分と時間がかかっていたのに、ほんの10分ほどのマッサージで…。

マッサージをしていて、心地よくなって眠ってくれるって、一番嬉しい反応です。

しかし、

し、しまった!!

まだ、歯を磨いていないし、寝る前にトイレも済ませていない!!!

ということで、申し訳ないけど、もう一度起こして半目状態で歯磨き&トイレをさせました。

そして、

「いいな~、パパもマッサージして欲しいな~」

と、羨ましそうに言う主人。

「いいよ、でも、高いわよ!」

え、ええ~っ…Σ( ̄ε ̄;|||・・・

そりゃそうです。

子供には甘いけど、旦那には厳しい嫁です。

(^┳^)べー

そんなこんなで、初めてのミネソタでの年越し。

(毎年、この時期は帰省していたので)

「年末」「年越し」と、あまり実感が湧かない日々ですが、

静かな夜に、ゆっくり家族の寝顔を見られることが幸せに感じます。

今日も読んで下さり、ありがとうございました。