海の向こうで暮らしてみたい⑧~フィンランド航空面接・前半~

image

OLをする傍ら、

気持ちは既に「飛び職」へと傾いていく…

そして、見つけたフィンランド航空の採用情報。

海の向こうで暮らしてみたい⑦~リクルーティング編~
海の向こうで暮らしてみたい⑦~リクルーティング編~
トヨタ自動車でのOL生活を、半年続けているうちに感じた 「仕事への違和...

今回は、その経過をお伝えします。

面接は、大阪の派遣会社のオフィスで行われました。

到着してすぐ、

「順番に身長を測りますので、こちらに立ってください」

と言われました。

壁には、160㎝の高さに目印が貼られてあり、その目印より身長が超えていればOK。

順番に待機している人から、測っていきました。

すると、

「あ~、あと1㎝程、足りないですね…」と言われている子が…。

「申し訳ないですけど、面接を受けられても、ここで身長がパスできていない時点で、身体検査の時には通過できないかと…」と言われていました。

(え~!!!1㎝でダメなの??)

内心、驚きました。

せっかくここまで来たのに…

結構、厳しいんだな…と思った事を今でも覚えています。

そして、私の順番が回ってきました。

(ここは大丈夫!)

と、意気揚々と立ち上がった途端、

「あ、あなたはもう測る必要ありませんね」

と、言われて、周りの人も苦笑い。

とりあえず、壁に立ってみる。

「合格」

良かった、良かった。

この時ほど、成長期に

「よく食べて、動いて、寝ておいて良かった!」

と思った事はありません。

勉強は、後からどうにでもなりますが、体は横にしか大きくなれない…。

と言いながら、

当時170cm。

現在171.5cm。

どこまで伸びるんだろ…。

実際にCAの仕事を経験してみて、やはり身長は高い方が有利です。(大きすぎも問題だけど)

飛行機の種類によりますが、荷物を入れるコンパートメント(収納)までの高さや、ギャレー(キッチン)での作業、カートをひいて、飲み物や食事をサービスする時に、身長が規定未満だと、コンパートメントにも、ミール用カートの奥の方にも手が届かない…。

つまり、誰かに頼まないと、1人では仕事が出来ないのです。

特に外資系は、身長規定に厳しい所があります。

実際に前の会社でも、160cmあっても手が届かない…そんな事がよくあり、

「ちほー、ヘルプ〜」と言われた事がありました。

身長測定後、しばらくすると名前を呼ばれて、面接室へと入りました。

一次面接は、集団面接。

久しぶりで、ガチガチの緊張状態…。

でも、今までずっとフィンランド航空についても調べてきたし、自信をもって臨もう!と。

まず初めに聞かれたのが「志望動機」でした。

(これも用意しておいたから大丈夫)

他の方が順番に立派な志望動機を言っていきます。その内、

(やばい、やばい…。前の子と内容が被りそう…)

(うわっ、完全に被ってる~!)

(どーしよう…。でも何か、何か言わなくては)

そして、私の番。

私:「あの~、すみません。ちょっと緊張してしまって…」

(ちほ、落ち着け、落ち着くんだー!)

ふぅ~。(笑顔で一旦深呼吸、兼、時間稼ぎ)

「えぇと、、私は、トーベ・ヤンソンの描く、まさにムーミンが出てきそうな、大自然に囲まれたフィンランドの国、そしてその自然に調和された家具やデザインがとても好きになったことが、きっかけです!

シーン…。

面接官:「あ、そうですか。では、次の方…。」

あれ?

あれあれ??

今、「だから?」みたいな空気流れたよね。

何か、的外れな事…言っちゃった?!

しかも、堂々と…。

家具やデザインって…。

あなたはインテリアショップで働きたいの?みたいな。

ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!

やってしまった…。

その志望動機って、フィンランド行きたいだけじゃん…(まあ、そうなんだけども)

バカ、私のバカバカー!!

その後、「最近の時事問題について関心があった事」を聞かれました。その他英語でも何か聞かれました。

しかし、その後の事は、自分が何を喋ったのかも覚えていません。

あまりのショックで、10年経った今も、この志望動機は覚えていますが…。

あの時、頭の中が真っ白になっていましたから…。

あしたのジョー

*画像お借りしています

燃え尽きもしないのに、ただ真っ白になる

そして、肩を落としてオフィスを去る…。

上手く行ったら、大阪観光して帰ろう!そう思っていたけれど

そんな気持ちも、元気も微塵も残っていない…。

どこにも寄らず、帰路につく。

そして、1人反省会。

何故、あの後に「フィンランドの魅力を、多くの日本人の方に伝えてみたい。そのきっかけ作りをしたい」って言わなかったのだろう…

自分の魅力や経験も、全然伝えられずに終わったな~

面接官、あれは引いたよなぁ…。

(´Д`)ハァ…

ため息をつきながら、

まぁ、終わった事をグダグダ言ってもしゃ~ないか。

ちゃんと「トーベ・ヤンソン」って噛まずに言えたし (←え、そこ?)

「ま~いっか!」

と、得意な「開き直る」方向転換へ。

そうするしか、他に方法が無かった…。

時間が戻るわけでもないし…ね。

「さぁて、明日もOLがんばろー!」

と、気持ちを切り替える私でした…。

ー後半へ続くー

海の向こうで暮らしてみたい⑨~フィンランド航空面接・後半~
海の向こうで暮らしてみたい⑨~フィンランド航空面接・後半~
*イメージです 「諦めたら、そこで試合終了ですよ」 そんなセリフがあった...

今日も読んで下さり、ありがとうございました。