海の向こうで暮らしてみたい⑫~モデルへの道~

image

先週、モデルエージェントの面接に行ってきました。

何をいきなり?って思いました?

はい、本当に「勢い」でした(笑)

ちょうどこのブログを始めた頃から、何かやってみたい。

でも何をしたらいいのか分からない。

今の私に何が出来るのかも分からない。

けれど、毎日「意識」していれば、いつかやってみたい事、出来そうな事が見つかるかもしれない。

そんな事をグルグル考えながら、悶々とした日々を過ごしていました。

ミネソタに来て、以前から、あるお友達に

「ちほさん、背が高いのだからモデルやってみたら?」

と言われていました。

でも、身長だけではさすがに…

自分の体型にコンプレックスもあるし、英語も中途半端。

年齢的にも、これから始められるのだろうか…

それらは、自分が自分でよく分かっている事。

決して自信があるわけではないけれど、それを重々承知の上で、

「私でもできる事があるなら、やってみたい」

「もし、何か情報があれば教えて下さい」

と、その方に伝えてみました。

すると、すぐに彼女は動いて下さり、いろんな情報を教えてくれました。

「もし、こんなお仕事をしてみたいなら、このサイトをチェックするといいですよ」

「知り合いにモデルの方がいるから、聞いてみますね」

彼女は、自ら情報収集して、そんなアドバイスまでしてくれました。

一方、私はただ

「やってみたい」

と言っているだけで、何も動いていなかった。

もう、何か月も前からこんなこと言っているのに、

エージェントにレジュメすら送っていない。

「多分ダメだろう…」

なんて、結果を先に決めてしまっていた。

「やってみたい」と言う事も一つの行動ではあるけれど、その為に自分で情報収集しているかと言えば何もしていなかった。

口だけで、行動が伴っていなかった。

他人事であるにも関わらず、友達は親身になってアドバイスをしてくれ、たくさんの情報をシェアしてくれた。

そんな彼女の行動力に突き動かされて、

「何事も実験と思って、やってみよう」

と、エージェントにレジュメと写真を送った。

それが、つい先日の出来事。

写真は、息子と主人が屋外で撮ってくれたスナップ写真(トップ画像がそれ)。

しかもiPhoneで。

レジュメは、10年前にフィンエアに提出したデータがパソコンに残っていました。

それに、過去にモデルとしての経験を数回したことを書き加えて送りました。

「そんなんでいいのか?」

って思いますが、そんなんで送ってしまいました。

何となくですが、「ご縁」があれば連絡がくるし、無ければないで「ご縁」が無かったのだと。

なる様にしかならないと思っています。

でも、今できる事はやっておこう。

そんなスタンスです。

二つのモデルエージェントにレジュメを提出したところ、翌日に一社からお返事がきました。

「オーナーとクライアントがあなたのレジュメを見て、見込みがありそうであればご連絡します。60日以内にお返事がなければ、今回はご縁がなかったと言う事で、またの機会によろしくお願いします」

採用されるされないに関わらず、お返事をして下さったことが嬉しかったです。

そして、2日後にもう一社からメールがありました。

「早速木曜日に、オーナーとの面接に来てください」

え?!

私に興味を持ってくれたんだ!!

でも…2日後?!

こんな時に限って、昨日から風邪をひいてしまった…

しかも、

オカマ声どころか…

声が全然出ないーっ!!!

ε=(ノ゚Д゚)ノ アワワ 

面接を延期してもらう事も可能かもしれない。

でも、仕事が急に入ることだってあり得る。

ましてや、体調が悪くて延期だなんて、それだけは避けたい。

「体調ケアを怠っている」

という印象を持たれてしまう。

これは、モデルとして一番してはいけない事だ。

(↑って、モデルになった事を想定して考える・笑)

「こうしちゃいられない。何とかして治さなくては!」

そこで、友達にアドバイスをもらい喉に効くと言われるものを、全て試しました。

喉スプレー、ユーカリオイル、首周りを温める、はちみつレモン、大根のハチミツ漬け…

もちろん、常時マスクで保湿。

imageユーカリオイルを入れたスチームを吸入中に、主人に隠し撮りされる。必死な状態がお分かりでしょうか(笑)

全てを試したところ…

翌日、声が

カムバッーーック!!

普段は、声が戻るのに最低3・4日かかるのに…

これは…奇跡!!

神様に、何度も感謝しました。

「天が味方に付いてくれた!」

声が出ただけで、今日はいけそうな気がする。

(↑単純)

面接に備えて用意したQ&Aを車の中で復習。

オフィスはダウンタウンにあるので、一人で運転できず…お昼休みに主人にお願いして連れて行ってもらいました。

久々の緊張感。

考えてみたら、10年ぶりの面接です。

普段は、全く緊張の「き」の字もない生活を送っているので。

でも、心地よい緊張感。

モデルエージェントって、どんな雰囲気なんだろう…

どんな事を聞かれるのだろう…

英語で受け答えが出来るかな?

これはまたとない機会。

私にとって、全てが初めての経験です。

だから、「実験」

緊張してあまり眠れなかった。

まだまだだなぁ、私は…

でも、上手くいってもいかなくても、学びの機会です。

得るものは必ずあるはず。

いや、もう、既に得ている。

行動に移してみた事や

体調管理などの意識だ。

そう思いながら、ゆっくり深呼吸。

ヨガで学んだ、

「今、ここ」に集中する。

さあ、楽しんでこよう!

これも立派なブログのネタになるではないか!!

そして、扉の横にあるブザーを押して、

オフィスの中に一歩足を踏み入れた。

つづく

今日も読んで下さり、ありがとうございました。