海の向こうで暮らしてみたい⑪~フィンランド航空~

image

▲ナーンタリにあるムーミンワールド

「よっしゃ~!!!」

フィンランド航空での採用が決まり、心は既にフィンランドに向かってる。

海の向こうで暮らしてみたい⑩~フィンランド航空面接・完結編~
海の向こうで暮らしてみたい⑩~フィンランド航空面接・完結編~
フィンランド航空の最終面接を終えて、清々しい気分で帰ってきました。 ...

またCAとして仕事が出来るんだ♡

フィンランドへ行くことが出来るんだ♪

フィンランド語を勉強すると言いながら、全くせず…

行けば何とかなるだろうと、現実逃避。

結局覚えたのは、この3つ。

Hyvää päivää(ヒュバーパイバ)こんにちは

Moi(モイ)やあ

Kiitos(キートス)ありがとう

以上!!

(その後、英語で事足りると分かり、全く勉強せず・汗)

語学の勉強をしない一方で、北欧雑貨・インテリア・デザイン、観光地、食事に関しては、どんなものがあるのかしっかり下調べ。

ほら、お客様に聞かれた時、ご案内できるでしょ?と言う事で…

(↑おいおい、完全に自分の為)

拠点は東京・大阪。

私は大阪(関西国際航空)をベースに選びました。

関西ベースの同期は8名。東京ベースは7名。

既卒採用だったので、年齢も違うし、CA経験者もいれば、全く違う業種から来た子もいました。

シンガポール航空の時とは違い、拠点が日本。

同じ仕事とはいえ、一緒に働くクルーの人種も違うし、きっとお客様の層も違う。

仕事の流れや、飛行機の種類も恐らく違う。

同じ業種でも、国や文化、風土が違うから

前職での経験を過信しない事

その場所で適応していく事

この二つを胸に刻み、同期と一緒にフィンランドへ飛び立ちました。

image

▲スオメリンナ島にて。まるでおとぎ話の世界

新緑が美しい5月。

針葉樹や白樺、若草といったグリーンのグラデーション織りなす風景

随所に広がる湖が、光に反射してキラキラして見える。

フィンランドが私たちを

「ようこそ♡」と包み込んでくれるよう。

そんな目の前に広がる、おとぎ話の様な景色に、

「ああ、ここで暮らしたい♡」

(↑やっぱ単純)

すごくいい☆全部素敵♡

そうそう、これが私が思い描いていた世界♪

冬の厳しさ(1年の大半は冬)を知らない私は、目をキラキラさせながら、5月21日から7月5日までの約1か月半の地上訓練の為、ヘルシンキへやってきました。

image

▲訓練中のお部屋。超生活感出ています(汗)よくこんな写真撮ってたなぁ。

訓練中は、個別に部屋が与えられました。

小さな部屋だけど、自炊が出来るようにキッチンも備え付けられていました。

もちろんその間は、基本給しか出ません。

フィンランドは物価が高く、外食するのもサラダだけで1000円越え。

だから、同期と一緒によく自炊をしていました。

訓練を終えてから、誰かの部屋にご飯を持ち寄ってガールズトーク炸裂!!

前職の経験の事から、恋愛、下ネタ、フィンランドの観光地巡りの予定…

お酒を飲みながら、次の日も朝早くから訓練があるというのに。

まるで’’Sex and the City’’状態(貧乏だから部屋飲みだけど…)

あれ?全然勉強してないし(笑)

ま、いいか!

(もちろんテスト前はちゃんと勉強しましたよ)

そんな感じでした。

(↑私ですよ。他の同期はちゃんと勉強していました。多分…)

image

少人数で、仲が良かった。

それぞれ独特のキャラクター(笑)

「私たち、一体何を基準に選ばれたんだろうね~?」

なんて、同期で話していた位、キャラが全くかぶってない!

この1か月半の共同生活が、仲間同士の絆を強くしてくれた。

週末や訓練がお休みの日は、貪欲に遊びに出かけた。

近場の観光地(スオメリンナ・ポルヴォー・ラップランド・ムーミンワールドがあるナーンタリ)から、近隣の国まで(エストニア・スウェーデン…)

image▲ラップランドの最北端の郵便局へ。サンタさんへお手紙を出しました。

image

▲フェリーでエストニアへ。羽を広げまくる(笑)

image

▲豪華客船で、ストックホルムへ。夕日に向かって叫んだ気がする。

だって、一年の中で、一番美しい季節ですから!(白夜で日が長いし)

しっかり遊んで、しっかり学ぶ。(普通、順序が逆。)

まさに、そんな1か月半でした。

訓練期間のスピード感、会社が重視している内容は以前のシンガポール航空(SQ)の時とは違いました。

SQの訓練期間は4か月。

そこでみっちり、みだしなみ(かなり重要)からサービス、ファーストエイド・セーフティーについて学びました。

英語もままならず、真っ白な状態から入った私にとっては、じっくり勉強できる期間になりました。

一方、フィンランド航空の場合、「既卒採用」と言う事もあり、サービスよりも、まずはセーフティー、ファーストエイド、機体について学ぶことが重視。サービスはその次と言った感じがありました。(経験する中で個々で身につけるという感覚)

そう言えば、SQで徹底されていた「身だしなみ」についてはほぼ触れず。教わった記憶がない。

授業はすべて英語なので、ある程度知識があるCA経験があって、ちょうどいいスピード(それでも、やっぱり早いな~と感じました)

CA未経験者にとっては、飛行機の用語から、緊急事態のケースを予測する事、サービスの流れなどは想像つかない事も多く、大変だったと思います。

でも、彼女たちの場合、明らかに英語力が高かった。その力は絶対的なもの。

覚える事は多くても、経験をしていなくても、それだけ理解が早かった

つまり、頭がいい!

あんな短い期間で難なくテストにクリアしていて、すごいな~と感心した。

(経験があるのに、相変わらずギリギリ合格の私。感心してる場合じゃない!)

恐らく、いや、間違いなく、英語力に関しては同期の中でも私が一番低かった。

でも、そこをスルスル~っと笑顔で交わしていく能力と、その場所で楽しむ能力だけは一番高かったと思う。(それだけで、ここまでやってきた感がある)

人間、何かしら能力は持っている。

だから、採用されたのだ。(と言う事にしておこう)

自分が出来ない所は、誰かがやってくれるから、違う所を私がカバーすればいいさ♡

甘い。自分に甘すぎる…

でもね、本当にそう思います。

だから、他の人が出来なくて、自分が出来る事なら「私がやるよ~!」って思える。

「やらせてくださいな~」って。

背が低い子が、すごく高い所にある物を、一生懸命に背伸びしたり、ジャンプして取るよりも

背の高い私が、ひょいと手を伸ばして取れば良い事なのだから。

これは、ものすごーく簡単な例だけど。

私たち同期は、性格も得意分野も全然違う。

でも、それぞれ違うから、お互い助け合えることが出来たのかなって思う。

クラスを担当して下さったフィンランド人の先生(現役クルー)は、とても穏やかで優しい方ばかり。それだけで、この会社が好きになりました。

訓練中は、氷水の様に冷たくて深いプールで、凍えながら立ち泳ぎの練習(その後、サウナ)

モックアップ(模擬客室)で、緊急事態に備えて、

「keep your head down!」

「come this way! come this way!」

「jump! jump!」

と、大声で叫びながらドアを開け、スライドから滑り降りる訓練。

コーヒーを何杯も飲みながら、睡魔と戦った座学の講義。

人口呼吸や心臓マッサージ、出血時、てんかんが出た場合、緊急出産など、ファーストエイドについては暗記するまでイメージしながら覚えた。

image

▲肺活量がなさすぎて、顔が真っ赤。「貧血で倒れそうになる」の巻。

そして、7月5日。

無事に地上訓練の卒業式を迎えることが出来ました。

因みに私は、訓練中、調子に乗って食べ過ぎ飲みすぎて体重がMAXに!

卒業式当日、スカートのウエストがきつくて入らないという緊急事態発生!!(←大バカ者)

急きょ、サイズアップしておいたパンツが1本あったので、そちらを着用。(ふぅ…セーフ!)

同期から、そのパンツ姿が

「まるでチーフパーサー」と言われた(笑)

image

▲か、顔がパンパン(笑)

そんなオチがありながらも、全員で卒業できた事、それが一番嬉しかった♡

さて、これから訓練フライトを経て、本格的に飛びます!飛びます!

そして、ずっと想い焦がれていた、もう一つの夢を叶える事に…☆

今日も読んで下さり、ありがとうございました。

コメント

  1. 夢うさぎ より:

    初めまして。現在キャビンクルー採用試験最中の夢うさぎと申します。
    この度、インターネット検索にて、ちほさんのブログを見つけ、コメントさせていただきました。
    現在、ご存知かもしれませんが、ヘルシンキベースのキャビンクルー採用が行われています。
    インターネットアセスメント、メディカル、ビデオインタビュー後、残すは最終面接となりました。
    ちほさんのブログを拝見し、もちろん全てを書かれているわけではないと思いますが、勇気が出ました!!
    キャビンクルーは未経験ですが、今回すでに20代後半ということもあり、今の所試験が通っているフィンエアーに力を120パーセント入れたいと思っています。(重たいですかね笑)
    受かる受からないは別として明後日からフィンエアンドへ飛び、自分のモチベーションも上げたいと思っております。
    とにかくお礼を言いたくてコメントいたしました。
    他の記事も拝見させていただきます。
    今後とも宜しくお願いいたします。

  2. kurayan1106 より:

    夢うさぎさん、嬉しいコメントありがとうございます!!私こそ、勇気と元気を頂きました♪♪フィンエアーは、とっても働きやすい、素晴らしい会社です。フィンランド人クルーも日本人クルーも気さくで優しくて…。お客さんも、ご年配の方が多く機内の雰囲気もアットホームな感じです。夢うさぎさんの行動力、素晴らしいです!CAの経験や年齢を問わず、最終面接まで行けた事に自信を持ってくださいね。最後の最後まで、夢うさぎさんらしく、面接を楽しむ気持ちでリラックスして臨んでくださいね♪ミネソタはフィンランドとよく似ている気候です。そんな、ミネソタから夢うさぎさんの夢が叶う事を祈っています(^▽^)/