昨日の自分と比べない


image

先日、ヨガについての記事を書いて、心温まるメッセージを頂きました。

とっても嬉しかったです。

ありがとうございます^ ^

急いては事を仕損じる
急いては事を仕損じる
(画像お借りしています) ご無沙汰のブログになってしまいました。 ど...

自分の弱い所を書く時、ちょっと勇気が必要です。

書かなくてもいい事かな~と思ったけれど、

ヨガを学びながら、いろんなことを感じて、

「弱い事も含めて自分なのだ」

と思えた時に、やっと縛り付けていたものから解放されたような感覚になりました。

ポーズをしながら、先生がその時に必要な言葉がけをしてくださるのですが、

とても素敵な表現があったので、ここで紹介したいと思います。

「昨日の自分と比べない」

この言葉を聞いた時に、ハッとしました。

昨日できなかったことが、出来たとしても、

昨日できていたことが、出来なくなっても

今できる事に、心を集中させる。

先日、お友達から素敵な言葉を教えてもらったのですが、

「結果を捨てる」

と言う事。

過去の自分と比べて、体力的に衰えを感じる所は否めません。

そこはもう、仕方ないと思える。

でも、

「昨日できた事が、今日出来ないって、どうして?なんで?」

私はそう感じてしまう事がよくあって、

「昨日できたのだから、出来るはず」

そう思って、無理をしてしまう所がありました。(それで体を痛めると言う…涙)

それは自分だけに限らず、例えば息子に対しても同じように考えてしまっていました。

「昨日できたのに、どうしてこの問題が解けないの?」

とか…

出来なかったことが出来る事は◎

出来たのにできない事は×

そう考えてしまっていました。

先生がおっしゃる言葉は英語なので、全てキャッチできるわけではありません。

でも、いつも不思議と私に必要な言葉だけが、フワっ耳に入ってきます。

今まで、自分にも、人に対しても、「成果」でジャッジしてしまっていたんだな…と。

目標を持つことは大切だと思います。

目標に向かって、ひたすらに進んでいく事も大切だと思います。

でも、成果・結果を判断するのは、神様の様な、目に見えない大きな力であって、私ごときでは無い。

結果を放棄する事って、神様に委ねる事なんだな。

そう思える様になりました。

弱い自分であっても、声を掛けてくれて、助けてくれる友達や家族や先生がいる。

弱いからこそ、そういうあったかい思いに気づける。

心の持ち方や、視点を変えてみるだけで、同じだった景色が全然違って見えるなあと、そう思えました。

そう言えば、空の景色は毎日違うし、

葉っぱも、芽吹いたり、枯れたり、色が変わって落ちたり、いつも変化していますね!

どれが美しいとか、人間が判断する事じゃなくて、

自然に任せて、その時必要な変化をしている。

image

「昨日の自分と比べない」

この言葉で、少しでも気持ちが軽くなる方がいますように!

今日も読んで下さり、ありがとうございました。