間違いを恐れない

ローマの休日

ブログやSNSなどで何かを発信すると言う事は、それに反論する意見もあるだろうし、プライバシーを含めてリスクが伴ってくることもある。

それでも、発信したいと思えるのは、

これいいよー

こんな考え方もあるよー

と、伝えたい気持ちが強いから(一方通行の片思いの様に)。

お店やお役立ち情報は特に躊躇せずに発信できる。

それが事実としてあるから。

ありのままを伝えればいいって思える。

けれど、私の個人的な考え方や感想を書くとなると、

「これでいいのかな?」

「間違えていないかな?」

「読む人が嫌な気分にならないかな?」

こんな風に、読み手を意識すればするほど

書きたい<反応が怖い

となって、書けなくなっていた事も事実です。

実際に書いたけれど、今だに「下書き」に残していたり、

公開する前に主人に毎回チェックしてもらっていました(笑)

(読みにくくないか、誤字脱字も含めて)

めっちゃ、小心者ー!!

反論されるのが怖いし、

間違えていたらいけない

そう思って。

でも、よく考えてみたら

自分が感じた事、考えている事は

事実としてある

わけで、お店やお役立ち情報と同じじゃない??(笑)

お店の情報を知って喜んでくれる人もいれば、特に必要ないからスルーする人もいる。

自分には合わなかった、そういう人だってもちろんいる。

それと同じで、

気持ちをシェアしたり、賛同してくれる人もいれば、反論する人がいて当たり前。

自分の気持ちをごまかしていない限り、自分が感じたことに

間違いはない

それなら、堂々と伝えたらいい。

人がどう受け取るか、感じるかは、その人になってみないと分からない。

これは、ブログに限らず、人付き合い(仕事やプライベート)においても同じであって、

相手の気持ちを深読みしすぎて、自分の気持ちを言えなかったり

自分の意見は少数派かもしれない…

その場その場で合わせておけば楽。

同じであること、多数派が、正しいとは限らないのに

つい、思っていた気持ちを引っ込めてしまったり

自分と意見が違うのに、「そうだね」と言ってしまって、後で悶々とする事ってよくある。

こんなこと言ったら、場違い?とか。

でも、反論しないことが相手への優しさじゃなくて

自分を守るために、意見しないだけだった。

間違っている事が怖い?

間違えるって、正しくない事じゃない

ただ、

人と人との間の「違い」

考え方や捉え方の「違い」なだけ。

だから、

間違える事は悪い事じゃない

黙って自分の気持ちを無視する方が、ずっと気持ち悪い。

違う意見だから相手を攻撃するのではなくて、「私はこう思う」と、その人との意見の違いを伝えればいい。

自分(の気持ち)を大切にしていると、

人の気持ちも大切にできるようになる

「自分の考えや気持ちに嘘はないか?」

自分の気持ちと行動に「間違い(ギャップ)」が無いか?を、確認していつも発信をしています。

難しいけどね…

でも、そこをクリアしないと、人には何も伝わらないって思う。

因みに、「あ、私が間違えてた!」って気が付いたら、ごめんね、って、すぐに相手に伝えます。

そんな事、しょっちゅうです(笑)

そこで素直に言える人は、自分の意見もありながら、柔軟な考え方ができる人です。

そういう人が、愛される人です♡

今日も読んで下さり、ありがとうございました。