ダイエットの考え方を変えたひと言

D858D96E-D38D-44D7-B959-FE7421455054

私が自分の体に向き合うようになったきっかけは、

「ダイエットはイベントではない」

という、チョン・ダヨンさんの言葉から。

チョン・ダヨン

それまでは、ダイエットってずっと「痩せる」為のイベントだと思っていました。

だから、全然楽しくない…。

自分の理想とする体重を超えると、

「あ…ヤバイ…ダイエットしなくちゃ」

と、ストレスを感じながら食事制限や運動を続けていました。

そして、元に戻ると安心してまた食べる。

そんな生活を繰り返し、いつも「ダイエット」が頭の片隅にありました。

もう、それが

ストレスで、ストレスで!!!!

(TДT) (TДT) (TДT) 

どうしてそこまでいつも考えなくちゃいけないの?

もう、何も考えず、食べたいだけ食べたい!!

そう思いながら、いつも体重計の数値ばかり気にしていました。

もう、いっその事「どーでもいいわ!!」と諦めようかな…。

そう思う事、数知れず。

でも最後は、堕落する事が怖くて、頑張ってしまう。

頑張りすぎるのも疲れるし、

かといって、頑張らない自分がもっと嫌で、精神的に疲れてしまっていました。

そんな時、

「ダイエットはイベントではなく、ライフワーク」

という言葉に出会って、

(そうか、ダイエットは一生続けていくものなんだ。イベント的に捉えるから、

「頑張らなくては!」と気合を入れてしまっていたんだ…)

と、気が付いたのです。

それから考え方が一気に変わりました。

飽きずに毎日続けられる、楽しいエクササイズをしよう

どのタイミングで、何を食べ、何を飲んだら効果的なのか

お手本となる人の写真を眺めてみよう

調べる事が楽しくなり、

友達と一緒に話す内容まで「心と体にいい事」がメインになって

ダイエットは敵ではなく、

心と体を健やかにしてくれる味方

そう思える様になりました。

同じ事をするのでも、

「敵」とみなすのか、「味方」とみなすのかで雲泥の差が生まれる事も知りました。

考え方次第で、全く受け止め方が変わる。

特に女性はホルモンバランスによって、過食気味になったり、ジャンクフードがどうしても食べたい時があります。

制限すればするほどストレスが溜まる…。

そんな時は、小分けにして回数を増やしたり、食べるタイミングを午前中や消化のいい時間に変えて食べたり…。

「食べない」ではなく、やり方を変えるだけで心も体も満足できます。

私の場合は、

「ダイエットはイベントではない」

という、とてもシンプルなメッセージで考え方が180度変わりました。

そして、体重計の数値より、

大切なのは「見た目」

であると言う事も。

女性ならば、ガリガリすぎたり、ガッチガチについた筋肉よりも、

肌や髪に張り・コシがあり、程よく筋肉がついた健康でしなやかな体。

だから、体重計の数値はあくまでも参考程度

毎日鏡を見て、全体のバランスをしっかり見る方がよっぽど大切だし、効果が上がるそうです。

これから年末年始にかけて、飲み会も増えていく時期。

「ダイエットは明日から~」

を、

「ダイエットはライフスタイル」

に変えて、自分なりのやり方で、楽しいダイエットをしていけるといいですよね♪

今日も読んで下さり、ありがとうございました。