自分の体を受け入れよう

image

ミネソタに来て驚いたのは、みんなこぞってアンダーアーマー好き♪

アンダーアーマーと言えば、ピタッとしたタイツ(日本で言うとレギンス的な)

それを、そのまま履いてるんです。

写真にいる、ジョギングしている女性もそうです。

アンダーアーマー

*画像お借りしました。

レギンスって、そのまま履けます??

ム…ムリでしょ?

だって…

お尻の形がモロに出る!!!

でもね、そんなのお構いなしに、みーんな履いてるんです。

丈の長いTシャツなんて着ないですよ。

「さあ、見てごらんなさいよっ!!」

って、ちょっと栄養ちゃん(ぽっちゃり系)な人も平気で着ます。

大きなドーン!としたお尻をそのまま出してる(笑)

調べたら、NAVERにもありました。↓

’’おしりがでっかくても、太ももぶっとくても、
レギンスの上におなかのお肉が乗ってても
それでもレギンス一枚履きなんです!!!’’

ええ、本当にそうなんです。

私は、恥ずかしくて絶対無理だと思ってました。

でもね、

昨日

買っちゃった…。

ストレートのタイプだけど。

(足首までピタッとタイプを履いたら、エガちゃんにしか見えなかった…)

江頭

*画像お借りしています

私の場合は、典型的な洋ナシ形

そして、ふにょ~って垂れてる。

それが嫌で、いつもゆったりしたものを履いていました。

でも、堂々とレギパン一枚を履いている人達を見て

「素敵だな」

って、感じたんです。

そのマインドがいい!!

ああ、私は自分の体を受け入れてないな~って気づかされたというか。

隠す事で、気づいていたけれど、気づかない様にしていたな、って。

それで、意識改革スイッチオン!

(はい、単純)

まずは、フィットネス用にピタッとパンツを購入したわけです。

それに、そんなお尻でも「やわらか~い」と言って主人が触ってくる(笑)

(柔らかい部分がそこしかないというのもある…汗)

自分では、「嫌だなあ…」と感じているところも

それが好きと言ってくれる人はいる。

だから、本当はそのままでもいい。

一度、そうやって自分の体を受け入れてみる。

自分の体を好きになってあげる。

受け入れた途端、グンときれいになるチケットを手にしたも同然。

今のままでもいいけど、

もっときれいになるにはどうしたらいい?

どの部分を引き締めようかな?

その為には、どんなエクササイズをしたらいいかな?

こんな風に、前向きな気持ちになれる。

自分の体型をまずしっかり見てみよう。

実際に2日間着てみた感想ですが…

人の目を気にすること、全くないです。

そのうち…慣れます

最初だけです。

それに、たいして誰も見てない、ってことに気づきました(笑)

ミネソタだから、かな。

小さな一歩。

初めはちょっと勇気がいるけれど、踏み出す事で、次のアクションに繋がる。

まずは、堂々と自分の体を好きになってみよう☆

今日も読んで下さり、ありがとうございました。